みんなそれぞれに誰かのサンタさんなのだ

みんなそれぞれに誰かのサンタさんなのだ

 

 

子供の頃にもらうプレゼントというのは、それがクリスマスプレゼントであれ、誕生日プレゼントであれ、

ちゃんと“幸せ色のリボンと包装紙”にラッピングされて手渡されるので、

箱を開ける前から小さな期待に胸が膨らんだ。

誰が見ても、それはプレゼントであることがわかるものだった。

 

 

人生最大の不幸

 

ところが、人生をある程度生きてきて、いろいろな困難や苦難を体験してみると、

その時には、“人生最大の不幸”と思えたことが、

実は、それは、神さまからのプレゼントであったことを後になって知るのだった。

 

 

魂の物語の新しい章

 

とにかく、今日までの人生を振り返って見ると、

私の人生に起きてきた“いい事の種”は、

全部、その時には“最悪な出来事”として起きてきたものの中にあったのだ。

人生に起きてくる一見悪いこと、苦しい出来事というのは、

実は、いいことの前触れであり、

自分の魂の物語の“新しい章”が開かれるよという合図だったのだ。

 

 

ただ生きられる神秘

 

人生というのはなんというすごいカラクリなのだろう。

それを思うと、人生というのは長い目で見ると一体何が悪くて、何がいいなんて、

簡単に言えるものではないんだなとつくづく思う。

人間が頭で判断する「いい・悪い」を超えて、

ただ生きられる神秘一それが人生なのかも知れない。

 

 

サンタはだーれ?

 

今年も素敵なクリスマスプレゼントをいくつか戴いた。

プレゼントは勿論とてもうれしい。

でも、ふと思った。

クリスマスプレゼントや誕生日プレゼントだけでないプレゼントを私たちは本当は毎日いただいているのではないだろうかと。

あまりに当たり前になっちゃって、それが本当はプレゼントであることすら忘れがちなもの。

神さまからのプレゼントである子どもが、

「腹減ったぁ、メシー!今日のご飯はなーに?」

って元気よく外から帰ってきて母に尋ねる日々。

暖かい部屋、温かいお風呂。あたたかい毛布にお布団。

月末には給料が毎月口座に振り込まれている。

サンタはだーれ?

毎日暮らせる家、きれいに片付いている部屋がある。

庭の花々がきれいに手入れされ、季節が移り変わったことを知らせてくれる。

タンスの引き出しをあければ洗濯されたものがきれいにたたんである。

テーブルにつけば自動的にご飯がでてくる。

サンタはだーれ?

みんなそれぞれに誰かのサンタさんなのだ。

 

 

宇宙からのプレゼント

 

野菜や果物やお魚やお肉が食卓に並ぶまでに、

どれだけのサンタさんたちの働きがあることだろう。

私たちが食べているすべての食べ物、動植物のいのち、

太陽や空気や水や大地の恵み、地球のこの美しい自然、、、

全て宇宙(神さま)からの、地球からのプレゼントだ。

本当に、惜しみない愛を毎日私たちはいただいている。

何気ない日常、平凡な暮らし、家族の笑顔、健康で自由に動ける体。

仕事があること、働ける場所があること。

家族がいること。友達がいること。仲間がいること。

失くしてみると初めてそれらがどんなプレゼントより、どれほど大きなプレゼントだったかを知る。

でも、失くす前に少しだけでも、当たり前のことなんて本当は何もないのだということを感じられる感謝と感性があれば、

何気ない日常の中に幸せの種も花もいっぱい咲いている。

 

 

 

「ある」と」「ない」

自分に「ない」ものを数えて生きていると、

自分の外側を飾るものと、いつかは消えてなくなるものが増えてゆく。

しかし、ないものを満たしてゆく生き方は、

どこまで行ってもこれで充分とは思えないために、決して満足することがない。

得るほどに失っているものがあることにも気づかずに。

自分の「中にあるもの」、「今あるもの」を感じられる感性があると、

心が満たされ、自分をあたたかく感じえられる。

自分の内側が豊かになってゆく感じがする。

感謝とは、「ある」ものを「ある」と感じられる心の豊かさ、謙虚さだった。

けれど、大切なものほどいつのまにか当たり前になってしまい、

「ある」ことを意識しなくなってゆく。

いのち、健康、家族、友人、パートナー、家、仕事、今日食べられるごはん、

空気、太陽、水、海、山、森の自然。

当たり前になって感謝しなくなると、病気や天災や苦しい出来事がやってきて、

ある日突然、「ある」ということのすごさに気づかされる。

「もどっておいで私の元気!』
(岡部明美超・善文社)より

 

 

 

①1月19日(土) 岡部明美&吉本有里コラボトーク&ライブ

お申し込みお問い合わせ:
金丸文化学園
naoaki.kanemaru@gmail.com
090-1430-6640(金丸)

FBイベントページはこちらです

https://www.facebook.com/events/775013869511271/?ti=ia&__mref=mb

 

 

 

②2月10日(日)友邦&岡部明美コラボトーク

お申込みはこちらのお申し込みフォームよりお願いします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cc5035f6598812

FBイベントページはこちらです

https://www.facebook.com/events/537737009970256/

 

 

●対談の御相手である清水友邦さんの著書

『覚醒の真実』『女神の時代』(共にナチュラルスピリット社)

 

 


岡部明美公式サイト

 

「ワークショップ」「個人セッション」「LPL養成講座」の情報はこちらをご覧ください。

http://www.okabeakemi.com

 


書籍&CDのお知らせ

 

『私に帰る旅』
(学芸みらい社)


角川学芸出版から刊行された本書が、
装幀も新たに学芸みらい社から刊行されました。
Amazonで購入できます
全国の書店でもご注文できます

『約束された道』
(学芸みらい社)


2017年6月刊行と同時に増刷。
2018年4月第3刷決定。
Amazonで購入できます
全国の書店でもご注文できます

 

『もどっておいで私の元気!』
( 善文社)


1996年5月刊行から22年間のロングセラー。第12刷。
Amazonで購入できます
全国の書店でもご注文できます

 

『いのちの花』
(CD)


¥2,000
CDは講演会、ワークショップ等で販売しています。必要な方は、Facebookのメッセンジャーにご連絡下さい。

 

投稿者プロフィール

岡部明美
岡部明美
心理カウンセラー、セラピスト、研修講師、作家、東海ホリスティック医学振興会顧問
▼詳しくはこちら
最新の投稿

Published by 岡部明美

心理カウンセラー、セラピスト、研修講師、作家、東海ホリスティック医学振興会顧問 ▼詳しくはこちら

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial