よくある質問

知らない人ばかりの集団が苦手なので、できたら、ワークショップよりは、個人セッションを受けたいと思っています。でも、カウンセリングやセラピーって、心の弱い人や、心の病気の人が、ただ癒されたくて受けるものというイメージが一般にはあると思うのですが、岡部さんは、どのような人を対象として、どのようなことをしているのでしょうか。私の今の状態は、無我夢中でやってきた仕事に行き詰まり、まさにバーンアウトして、この先どう生きていったらいいのか途方にくれている状態です。

私のワークショップは、20名前後の人数なので、お一人おひとりと丁寧に関われる人数だと思いますが、それでも、知らない人ばかりの集団が苦手という方は、個人セッションの方がよいかと思います。東京では毎週火曜日に、2時間コースと4時間「インフィニティコース」があります。年に1回、京都では4時間「エンパワーメントコース」があります。詳しくは「個人セッション」のページをご覧ください。

世の中には、心の病気の人を対象としたカウンセリングやセラピーもたくさんありますが、私の個人セッションではむしろ、人生の途上で誰もが経験する挫折や失敗、行き詰まり感、バーンアウト、不条理な出来事、人間関係の確執、生き辛さや無力感、無価値観、心身の不調、先の見えない不安や怖れーこういうネガティブな状況こそ、「新しい人生のステージに移行する時」、「人生に変化を起こせる時」と捉え、自分の内側に向き合い、自分の感覚や本当の想いに気づいて、新しい人生を選び直すチャンスにしていただきたいと思ってやらせていただいております。真実や答は、全部クライアントさんの心の中にありますので、私はその内的な自己探究のお手伝いをさせていただいています。

ワークショップは、現在、精神科、心療内科に通院中の方、及び、過去3年以内に精神科に入院されていた方は参加できませんが、個人セッションは、病気の治療を目的とせず、「病気を自己成長の機会」ととらえ、自分に向き合い、人生の再編集と、新しい人生を歩むためにいろいろな気づきを得たいという目的の方に限りお引き受けしております。また、私の活動は一切、特定の組織宗教や政治団体やネットワークビジネスとは関係がありません。

詳しくはこちら

ワークショップというと、心の傷を癒す場とか、何か深い悩みを抱えた人ばかりが集まるような、どちらかというとちょっと重たいような、暗いようなイメージがあるのですが、岡部さんのワークショップは何を大事にして、どういうことをするのですか。

一般的にはそういうイメージを持たれる方も少なくないでしょうね。しかし、幸か不幸か(笑)、私自身がちっとも暗くないために、場のエネルギーは明るく軽やかだと思います。ワークショップに参加される目的は人それぞれですが、大事にしていることは、お一人おひとりが自分の人生の主人公として立ち、本来の自分のいのちの輝きを思い出し、自分が本当に生きたかった人生に歩み出すこと、自分の人生の夢、ビジョンを叶え、そのことがイコール周囲への貢献につながる人生になるようなお手伝いをさせていただいていることです。

癒し→気づき→魂の目覚め→人生の新しい意識的な選択→社会貢献ができるような一期一会の様々なワークがあります。ワークとは、頭で知的に理解する勉強ではなく、体験からの実感、気づき、新しい選択をベースとする学びーライフレッスンの場といえます。

私のワークショップは現在4つのステージに分かれております。自然の四季とライフステージの四季を重ね合わせた構成になっています。

人生は、巡る季節のように、それぞれの季節の恵みがあります。同時に、その季節特有の成長のテーマもあります。ワークショップは、人生のステージを四季に分けて、それぞれのテーマ、対象者、得られるであろう成果が書いてありますので、自分は今人生のどの季節を生きているのかを見てお選び下さい。

ワークショップの4つのステージの詳細はこちらをご覧ください。

詳しくはこちら

なぜ、4つのステージがあるのですか?以前は特に分かれていなかったようですが。

私のワークショップに来てくださる方は、やはり最初はいろいろな問題を抱えてやってきます。深い傷を負った方ももちろんいらっしゃいます。その方々が、ワークで心の痛みを癒し、とらわれから解放され、「過去を過去に置いてくる」と、ハートにスペースができてきます。

ハートにスペースができると、人は今度は、自分らしさって何なのだろう?自分はどんな人になりたいのだろう?自分の天分・素質(才能・強み・魅力)ってなんだろう?自分が本当にやりたいことって何なのだろう?自分の天命・使命・ミッションって何なのだろう?自分が本当に求めている幸せや豊かさって何なのだろう?といったところに興味や関心が移っていきます。「意識が拡大」していくにつれ、求めるものが変わっていくからです。

さらにこの自己探究も深まり、実践、行動化、具現化のステージを生き始めると、人の意識は、自分に関わる人たち、周囲の人たちにいい影響を与える人としての自分の在り方と、なすべき仕事に意識が成長していきます。「社会に貢献する人」「社会を変革していく人」としてのリーダーシップの質的成長を目指すステージと言ってもいいでしょう。

利他の心―人の為に、周りの人たちのために、地域のために、世のために、自分は何ができるのだろう、というライフステージです。ワークショップはこのように人の意識の成長・拡大に沿って、4つのステージで構成されています。

詳しくはこちら

どのような手法を使ってワークをされるのですか。特に得意なものとかおありなのですか。

私のワーク・セッションのバックボーンになっている学びは、POP(プロセス指向心理学)、ビジョン心理学、ハコミセラピー、バイロン・ケイティワーク、サイコシンセシス、フォーカシング、ゲシュタルトセラピー、バイオシンセシス、ジャーニーワーク、エニアグラム、プレイバックシアター、ファミリーコンステレーション、ビジネスコンステレーション、ソリューション・フォーカスド・アプローチ、ディマティーニメソッド、チャクラと意識の成長のワーク、アートセラピー、親業、前世療法、コア・トランスフォーメーション、トランスパーソナル心理学、前世療法、交流分析、感性論哲学、ホリスティック医学、ホリスティック教育、さまざまなスピリチュアルヒーリングのメソッドです。

私のワークの特徴は、これらのメソッドをクライアントさんのご相談内容に応じ、またはプロセスの展開に応じ、自由自在に組み合わせてワークを進めるところだと言えます。私は、クライアントさんのいのちの知恵と力、自己成長力を信じ、とことん寄り添い、クライアントさんが見つけたかった「内なる宝」と、もういらなくなったものを「手放すこと」と、「新しい人生の一歩」を踏み出すお手伝いをさせていただいています。

詳しくはこちら

以前のホームページには、「カウンセラー&セラピスト養成講座」がありましたが、それがいつの間にか「LPL養成講座」になっていました。内容や対象者が変わったのですか?

最初は文字通り、カウンセラーやセラピストの養成のために始めた講座でしたが、回を追うごとに受講する方のプロフィールが多様になっていきました。カウンセラーやセラピストを目指す方だけではなく、今の自分の仕事にカウンセリングやセラピーのメソッドを学んで活かしたいという方がどんどん増えてきたのです。

もちろん、LPL養成講座になってからも、カウンセラー、セラピストという援助職を目指す方や、スキルアップを目指す方は少なくありません。ただ、私の講座は、資格・肩書きがほしい人には向いていないと思います。あくまでも人をサポートする側の「人間性・人間力、感性、内観力、愛の実力、感謝力、コミュニケーション能力」、それを向上させた上での様々なサポートスキルであると私は思っていますので、ただ資格・肩書きがほしい、テクニックだけを学びたい、教えてほしいという方には不向きな講座だと思います。

予想を超えて一番受講生で増えているのは経営者の方です。エニアグラムを学びながら個々の性格タイプを活かして、自社で活躍してもらえるような人材育成を本気でやろうとしている経営者の方が本気で学ばれています。他には、医師、看護師、僧侶、教師、ボディワーカーの方々です。職業、立場は違えども、共通項は、人の心と体、他者の人生にダイレクトに影響を与える立場の方々が、よりトータルな対人援助の方法を学ばれているということです。

私としては、人に対して、社会に対して影響力をもつ方々が、この講座で学んでいただけることはたいへんありがたく、うれしいことです。講座そのものものが、まるで生き物のように成長、進化しております。場そのものもののエネルギーが変容してきており、これは時代の変化とリンクしていることを感じています。それは、今の時代が、人類の「意識革命」の時代と言われており、何もかもが今新しく生まれ変わろうとしている時代に今私たちは生きているということと深くつながっていることを実感しています。

「LPL養成講座」についての詳細はこちらをご覧ください。

詳しくはこちら

岡部さんが初期の頃におやりになっていた半断食の合宿に10年以上前に何度か参加して、体が健康になり、気持ちも楽になり、岡部さんの本「もどっておいで私の元気!」のように私にも元気が戻ってきました。とてもいい体験をしたのですが、あのような半断食の合宿はもうやっていないのですか。

そのようなご意見、ご要望も毎年何人かの人から言われていたのですが、主催者、スタッフなどの準備が整わず、ずっとできずにいたのですが、2014年からは、高野山リトリートを主催してくれている「ハート・クリエーション」の伊藤まな&ひろさんが年に2,3回オーガナイズしてくれることになりました。伊藤まな&ひろさんも私と同様、長年、半断食を定期的に経験されていた方です。伊藤ひろさんは、ファスティング=半断食指導の有資格者です。

第1回は、2014年1月22日(水)~24日(金)です。飛騨高山の素晴らしい環境の中で行われます。私自身、かつて毎月の半断食で、体質改善ができ、健康な体になっていったので本当はずっとやりたかったので、主催者、スタッフが整ったことは私もうれしいです。半断食は、減量効果のみならず、腸内環境を整え、血液を浄化し、内臓の健康を増進しますので体質改善と免疫力アップには最適で、美肌効果やアンチエイジングにも効果があります。

詳細は、ハート・クリエーションが運営する「Vision Create Academy」のHPをご覧ください▼
http://mana-hiro.jimdo.com/

詳しくはこちら


  • LPL認定セラピスト|therapist
  • 個人セッション|Personal Session
  • ワークショップ|Work Shop
  • LPL養成講座|Lovinb Presence Leadership

初めての方へ|First

  • 個人の方へ
  • 経営者・ビジネスマンの方へ