自分以外の誰も、自分を傷つけることはできない

自分以外の誰も、自分を傷つけることはできない

 

責める

人を責めているとき、同じくらい自分を責めている私がいた。

人を傷つけてしまったとき、相手の傷と同じくらい、自分の中にも傷ができた。

自分自身を痛烈に批判する私がいるから、人からの批判や攻撃は恐ろしく、いつもどこか身構えていた。

「傷つけてしまった人のことをずっと悔やんでいるけれど、自分のことをどれだけ傷つけて生きてきたのかわかっている?」と、ある人に言われ、ハッとして言葉を失った。

自分が自分につけた傷とは、劣等感や敗北感や無価値観、自分を否定したり嫌悪している部分だった。

確かにこれらは自分で自分につけた傷口だった。その部分にひとが触れたとき私は傷つけられたと感じた。

でもすでに、傷口はあったわけで、その人がまっさらな上にナイフをつきつけたわけではなかった。

傷つきやすい人というのは、自分で自分にナイフをつきつけて生きてきた人なのだろう。

自分を傷つけるこのナイフを捨てなければ、大切な人に出会いながら、その人を失いかねない。

自分に向けるナイフは当然人にも向けるナイフになるのだから。

『もどっておいで私の元気!』岡部明美著/善文社

 

自分を責めることも、人を責めることももう本当に終わりにしたいと思ったんだ、かれこれ25年くらい前に。

だって自分を責めても、人を責めても、その後の後味の悪さはちっとも幸せ感などなく、

「何が違うこれは」という感触が拭えなくなったからだ。

私が本当に望んでいる在り方や生き方や幸せなコミュニケーションってなんだろうってずっと探していた。

人生の「未完了の感情」や「未解決の問題」が、

自分の自動反応の「恐れエンジン」になっていたことに気づいてからは、

過去をちゃんと過去に置いてくる心の作業を丁寧にやっていた。

ある時「苦しみの終わり」(バイロン・ケイティ著)という小冊子を友人からいただいた。

何かピンとくるものがあった。

巷に溢れている「幸せになるための法則」「成功法則」「願望達成の法則」などは、

その頃の私の心の琴線に触れるものではなかった。

バイロン・ケイティの本格的な本、「ザ・ワーク」を読んだ。

私達は、どれほど自分の思考と自分を同一化し、思考のプログラムに自分の人生を乗っ取られていることだろう。

仏教の「四聖諦」「八正道」も、「老荘思想」も全く知識もなかったバイロン・ケイティさんが、人生のどん底で見つけた「滅苦」の方便。

逆説的だが、苦しみの終わりが、

幸せになることを求め続ける人生から、すでに幸せであることに気づける道への誘いだった。

具体的に知りたい人は、「ザ・ワーク 人生を変える4つの質問」(バイロン・ケイティ、スティーヴン・ミッチェル著 ダイヤモンド社)を読んでみたり、youtubeでご覧になるといいと思います。

 

このYouTubeを見ると、カウンセラーやセラピスト、コーチなど対人援助職をしている人は、

自分にも出来そうな気がしてやってみるが、最初は撃沈することが多いと思う。

やはりケイティさんの「Power of Being」のなせる技であることにまず気づく。

相手に、「自分の問題であることに気づかせよう」「前向きにさせよう」「プラス思考させよう」「違う視点を持ってもらおう」「教育しよう」「目標設定させよう」、、、

こういった無意識のコントロールがある間は上手くいかないのだ。

ケイティさんの在り方は、まさに「loving presence」だ。

このブログでは、バイロン・ケイティの言葉で私が好きなものをご紹介します。

 

 

傷ついた感じや何らかの不快感というものは、第三者が引き起こすことはできません。

自分以外の誰も、自分を傷つけることはできないのです。

自分の考えを信じることによって、自分が自分を傷つけているのです。

 

 

ある考えで心が傷つくとしたら、その考えは真実ではないという合図だ。

今まで起こった最悪なことは、「調べ直し」をしていない、あなたの思考が創り出したものだ。

不正直な「イエス」は、自分自身に対して「NO」を言うことになる。

 

 

恐れから行動すると、愛を受け取ることができません。

「愛されるには~をしなければならない」という考えを信じ込んでいるからです。

ストレスを生む考えはすべて、あなたを他の人たちから切り離してしまいます。

 

 

これまであなたが相手にアドバイスしてきたことすべては、あなた自身が聴く必要があること。

「防衛」は、先制攻撃です。

ずっと待ち望んでいた恋人に会いたい? 鏡を見て下さい。

現実と闘うと、心に痛みを感じる。

 

 

自我は愛さないーそれは必ず何かを手に入れようとする。

先生、教師にたずねたいと思うことは、あなた自身にたずねてみること。

もしあなたが本気で真実を知りたいと思った時には、答えは必ずあなたからやってくる。

 

 

私を好きになるのは、私を大切にすることは、私を愛することは・・・あなたの仕事ではない―それは、私自身の仕事だ。

あなたが必要としている教師、マスターは、あなたの中に一緒に住んでいる人です。

 

 

私が自分の観念を手放すのではない。

私は、その観念、思いこみと出逢い、問い直しをする。

すると、それが、私を手放す。

 

 

現実はつねに、それについてのストーリーよりも優しい。

現実は常に、あなたの考えより、優しい。

あなたの思考が、最もあなたに厳しく、いたわりと優しさがない。

 

 

私を自由にできるのは、私しかいない。

私をしあわせにできるのは私しかいない。

もし、あなたが、あなたの考えの「問い直し」をちゃんとやるならば、それがきっとわかるだろう。

 

 

人生の問題には、3つの領域がある。

「自分の領域」

「相手の領域」

「神の領域」

人が取り組むことができるのは、「自分の領域」だけ。

 

 

頭の中で、「自分の領域」から離れてしまったら、すぐさま分離や孤独、恐れを体験します。

あなたの外にあるいかなるものも、あなたが求めているものを与えてくれることはない。

 

 

痛みは、過去のストーリー。

ストーリーがなくなったあと、残るのは、

愛―存在。

「今・ここ」に常に多くの豊かさがあります。

本当のあなたは、生も死も超えている。

意識が死ぬことはない。

バイロン・ケイティ語録。

 


 

◆「ボス型マネジメントからの脱却、ミッション経営の切り札1on1実践ワークショップ」

小倉広&岡部明美&上谷実礼

2019年11月29日(金)~12月1日(日)

湯河原リトリートご縁の杜

◆お問い合わせ、お申し込み

神奈川県・湯河原3dayワークショップ

 

岡部明美公式サイト

 

「ワークショップ」「個人セッション」「LPL養成講座」の情報はこちらをご覧ください。

http://www.okabeakemi.com

 


書籍&CDのお知らせ

 

『私に帰る旅』
(学芸みらい社)


角川学芸出版から刊行された本書が、
装幀も新たに学芸みらい社から刊行されました。
Amazonで購入できます
全国の書店でもご注文できます

『約束された道』
(学芸みらい社)


2017年6月刊行と同時に増刷。
2018年4月第3刷決定。
Amazonで購入できます
全国の書店でもご注文できます

 

『もどっておいで私の元気!』
( 善文社)


1996年5月刊行から22年間のロングセラー。第12刷。
Amazonで購入できます
全国の書店でもご注文できます

 

『いのちの花』
(CD)


¥2,000
CDは講演会、ワークショップ等で販売しています。必要な方は、Facebookのメッセンジャーにご連絡下さい。

 

 

 

投稿者プロフィール

岡部明美
岡部明美
心理カウンセラー、セラピスト、研修講師、作家、東海ホリスティック医学振興会顧問
▼詳しくはこちら
最新の投稿

Published by 岡部明美

心理カウンセラー、セラピスト、研修講師、作家、東海ホリスティック医学振興会顧問 ▼詳しくはこちら

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial